【エレクトロニカ】TAPE – Revelationes

20131107-235022.jpg

TAPE – Revelationes

今回はスウェーデンの人気レーベル、 Häpnaの看板アーティストの5作目を紹介します。
ちなみにレーベル名の由来は1950年代のSF雑誌の名前でもあり、「驚かされた」を意味するスウェーデン語から、だそうです。

ギターやドラム、ビブラフォン等の楽器を主体に華美すぎない繊細なサウンドの電子音が絡み合う、絶妙な空気感がたまらない作品となっています。心地良い塩梅のリバーブが幻想的なムードに深みを与えており、何度聴いても飽きがこない耳に優しい一枚です。

本作を聴いていると、アメジストや水晶、ダイヤモンドなど様々な種類の鉱物、宝石類で埋め尽くされた洞窟を幽かな灯りを頼りにゆっくりじっくり探索して行くような気分になります。うす暗いけれど、キラキラしていて、奥へと進めば進む程時間の感覚がおかしくなっていく様な、そんな情景が思い浮かぶので、落ち着く様な、テンションがあがる様な、不思議な気分に浸りながら聴いています。

⇒iTunesでチェック
⇒Amazonでチェックする

YouTube Preview Image
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)